名古屋市緑区・豊明市・日進市・東郷町 けんこう堂整骨院

ホーム > Blog記事一覧 > 坐骨神経痛の記事一覧

椎間板ヘルニアによる痛みと予防方法

2017.11.21 | Category: ぎっくり腰,坐骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

車の運転をする時に腰が痛くありませんか?

 

「運転 腰の痛み」の画像検索結果

 

車の運転をする時の姿勢は、

ハンドル操作をするために

どうしても

腕を前に出す姿勢になってしまいます。

また、車のシートにお尻がハマるような体勢になるため、

骨盤が下がり仙骨が寝た状態にもなります。

 

「運転姿勢 腰痛 肩こり」の画像検索結果

 

このような姿勢が長期間続けば、

腰に大きな負担がかかり続けることになり、

慢性的な腰痛

ひどい場合には

腰椎椎間板ヘルニアになってしまうかもしれません。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは、

椎間板に強い圧力がかかったことが原因で

椎間板が突出してしまったり

椎間板の中の髄核と呼ばれるゲル状の組織が

飛び出した状態のことを言います。

 

      「髄核が神経を圧迫」の画像検索結果

 

この髄核が神経を圧迫することで、

坐骨神経痛など

足腰の痛みやしびれを引き起こすのです。

運転姿勢は腕を前に出した姿勢が長期間続き、

肩甲骨が背中にピタリと張り付いた

状態になってしまいます。

 

「肩甲骨が背中」の画像検索結果

 

こうなることで

肩甲骨の可動域が狭くなってしまい、

肩甲骨周辺から背中、

腰周辺の筋肉が硬直してしまいます。

さらに、

骨盤が下がって仙骨が寝た状態になることで、

本来仙骨が前方に向かって軽く押さえていた腰椎が

後方に出てししまいます。

 

「骨盤が下がって仙骨が寝た状態」の画像検索結果

 

腰椎が後方に出てしてしまうと

頭や上半身の体重を上手に分散させることができず、

負担が腰に直接かかってしまうのです。

 

腰の筋肉の硬直はさらに悪化し、

頭や上半身からの負荷を

分散させることができないために

椎間板にも圧力がかかり続け、

最終的に椎間板や骨髄が飛び出して

腰椎椎間板ヘルニアになってしまうのです。

 

腰椎椎間板ヘルニアいならない為に大切なことは・・・ 

 

普段の姿勢を正しく保つことです。

「正しい姿勢」の画像検索結果

猫背や前傾姿勢など姿勢が悪いと、

腰にとって悪影響なことばかりです。

 

正しい姿勢を保つには

長年身に付いた生活習慣を見直すことが

必要になる場合もあり、

人によっては容易なことではないかもしれません。

 

しかし、

日常生活の悪習慣の積み重ねが

椎間板ヘルニアなど辛い腰痛の原因を

引き起こしているのです。

さらに、

腹筋と背筋の筋力をバランスよく

強化することも重要です。

「腹筋と背筋の筋力 イラスト」の画像検索結果「腹筋と背筋の筋力 イラスト」の画像検索結果

 

頭や上半身から腰にかかる負担は、

正しい姿勢を保って分散させるのと同時に

腹筋と背筋の筋力で支えることになります。

 

これらの筋力が弱ければ、

やはり腰や椎間板への圧力を

緩和させることができません。

 

しかし、

完全に椎間板ヘルニアになってしまった場合、

自分の力だけで痛みや症状を緩和させることは

難しいかもしれません。

もし名古屋で腰椎椎間板ヘルニアが原因による腰痛でお悩みの方は、

愛知県で口コミNo1で人気の整体院、名古屋市緑区にある

けんこう堂整骨院にいつでもお気軽にご相談ください。

ヘルニア手術したけど痛みがとれない!そんなときは?

2017.11.10 | Category: 坐骨神経痛,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

  「ヘルニア 治らない 手術」の画像検索結果

 

ヘルニアの手術を行っても痛みが改善しない理由は

痛みの原因が手術で取り除けていない場合が考えられます。

 

ヘルニアの手術で痛みが取り除ける場合は

ヘルニアの痛みの原因が神経圧迫である場合です。

 

神経圧迫のみがヘルニアの痛みの原因であるのなら

手術で痛みが完全に取り除けます。

 

神経圧迫以外の理由で痛みがある場合は

手術を行っても痛みの改善は望めません。

 

神経圧迫以外の痛みの原因としては

筋肉が原因だった可能性が考えられます。

 

これは筋肉が固まってしまうことによって痛みが発生します。

 

筋肉の神経圧迫の痛みかたとは?

 

次の3つのような痛みかたをする場合は

筋肉が原因である可能性が高いと考えてください。

 

1つ目は

動くことによって痛みが伴う場合です。

 

筋肉が原因の痛みは固まってしまった筋肉を

無理に動かすことで生じます。

 

立ち上がろうとしたときに腰が痛んだり、

歩いている最中に徐々に痛みが強くなったりする

ようであれば筋肉が原因の可能性が高いです。

 

2つ目は

痛みの強さが日によって変わる場合です。

 

神経圧迫が原因で痛みが生じているのであれば

圧迫されている間は常に痛むため

日によって痛みが軽くなったり

強くなったりすることはありません。

 

体の調子が良い時は痛みをあまり感じず、

調子が悪い時はひどく痛むなどの症状の時は

筋肉が原因かもしれません。

 

3つ目は

痛いと感じる場所が変化する場合です。

 

複数の筋肉が固まってしまっている場合は

日によって痛む場所が変わるなどの症状があらわれます。

 

筋肉以外の原因として考えられるのは

仙腸関節の機能障害です。

 

   「仙腸関節」の画像検索結果

 

仙腸関節とは骨盤にある関節の一つであり

靭帯によって固定されており

ほとんど動かない関節のことをいいます。

 

仙腸関節は骨盤自体を支える土台であり、

足腰を動かす基軸の役割を担っています。

 

そのため骨盤がゆがむと

上半身すべての骨に影響を与えます。

 

仙腸関節に異常が生じ役割を果たさなくなると

腰椎のみで上半身を支えていかなくてはならなくなり

腰痛が起こりやすくなります。

 

「仙腸関節のずれ」の画像検索結果

 

仙腸関節は

基本的には腰に負担をかける要因や

生活習慣が原因で機能障害を起こすことが多いです。

 

日ごろから感じる軽い痛みをごまかしながら

生活を行っていくと無理な力が別の部分に生じ

仙腸関節のずれにつながっていきます。

 

「仙腸関節 ストレッチ」の画像検索結果

 

けんこう堂整骨院では

ヘルニアの手術をしても

痛みが取れなかった人の痛みの原因を突き止め、

その人の症状に合わせた治療を行っています。

 

手術を行っても痛みが改善していない人は

別の要因の可能性も高いため一度相談してみてください。

 

ヘルニアや腰の痛みでお悩みの方は、

名古屋市緑区で人気の整骨院、

けんこう堂整骨院にご相談ください。

つらい坐骨神経痛が治らない理由と治療方法の知識

2017.10.26 | Category: 坐骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎すべり症,腰椎椎間板ヘルニア,足のしびれ

炎症が治まってもすぐに再発!?

 

    「坐骨神経痛」の画像検索結果

 

坐骨神経痛は腰から足にかけて存在する坐骨神経の管が

圧迫されることによって痛むことです。

 

その症状の特徴としては腰周辺が痛み出した後に、

おしりから太ももそして足先と段階を踏んで

しびれが起きます。

 

そして症状が最終段階に行くと、

足全体に強い痺れが続くので

歩行困難な状態になり

日常生活に大きな支障をきたします。

 

この坐骨神経痛の厄介なところは

一度治まっても何度も再発することです。

 

坐骨神経痛・・・と言っても年齢によって異なる原因!?  

    「坐骨神経痛」の画像検索結果

 

なぜ何度も再発するのかというと、

それは坐骨神経痛は

主に2つの種類の神経痛と

密接にかかわって発症するからです。

 

椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の発症原因が

10代から30代といった若い世代であれば、

その原因として挙げられるのが

椎間板ヘルニアです。

 

腰周辺の骨は

縦横に動くためにブロック状になっており、

そのブロック状の間には

コラーゲンでクッションとして衝撃を吸収しています。

 

しかし圧迫を促してしまう悪い姿勢や強い衝撃が加わると、

コラーゲンが飛び出してしまい

骨の近くに存在する筋肉(神経)を押してしまいます。

   「ヘルニア」の画像検索結果

これが椎間板ヘルニアであり、

この症状になると腰周辺の痛みが原因で

姿勢が悪くなってしまい、

その結果

負担のかからないはずの坐骨神経まで

圧迫してしまい坐骨神経痛を

発症してしまいます。

脊柱管狭窄症    

そして40代以上になると

原因として挙げられるのが脊柱管狭窄症です。

 

脊柱管狭窄症は

体全体を支える骨を脊柱といいますが、

その脊柱には

全身の神経を支えるための空間があり

それを脊柱管といいます。

 

若い年齢であれば

骨は代謝によって強いままなので

支え続けられますが、

代謝が落ち始める40代以上になると

男女ともに骨の再生が遅くなります。

  「坐骨神経痛」の画像検索結果

 

その状態になると

骨が神経の管を支えられなくなるだけでなく

圧迫することにもつながるので、

それが原因で脊柱管狭窄症が起こり

痛みとなりその後椎間板ヘルニアと同じく

姿勢が悪くなり

坐骨神経を圧迫することで痛みとなります。

 

どちらも腰周辺の骨の神経を圧迫することが原因なので、

その原因を抑え込みができなければ

一時的に炎症が治まってもすぐに再発してしまうのです。

 

再発しない治療とは・・・。

 

  「坐骨神経痛」の画像検索結果

 

そこで最新の坐骨神経痛を治す方法として、

けんこう堂整骨院では

内蔵の調整と筋膜リリース法を行います。

 

  「整体」の画像検索結果

 

それらを行うことで

骨盤周辺の骨を正常な位置に戻し、

そのうえで筋肉も

正常な位置と筋肉量を戻す筋膜リリース法を

実践することで筋肉を強くし

骨への衝撃を和らげます。

これを数週間続けることで

坐骨神経痛の改善に向かわせます。

 

坐骨神経痛でお困りの方は、

名古屋市緑区で人気の整体、

けんこう堂整骨院にご相談ください。

癖になっている人必見!ぎっくり腰を予防・改善する体操

2017.10.10 | Category: ぎっくり腰,事故治療,交通事故,坐骨神経痛,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

ぎっくり腰、癖になる前にしっかり予防を!

         

      「ぎっくり腰」の画像検索結果

 

突然腰が急激に痛みだすぎっくり腰は、

非常に強烈な症状が出て

日常生活も不自由になりますし

ツライものです。

 

名古屋市にも

数多くのぎっくり腰に対応した

病院などの治療施設がありますが、

湿布や痛み止めの薬を渡される、腰を揉む程度で

適切な対処をしてくれない

ということが多いです。

    「ぎっくり腰 体...」の画像検索結果

 

ぎっくり腰は一度なってしまうと

癖になり

くしゃみをしただけで

なってしまう人も少なくありません。

 

再発しないためにも

しっかりと改善させる

体操をしていくことが必要です。

 

無理しない!改善体操

 

「ぎっくり腰 体...」の画像検索結果  


ぎっくり腰の改善体操の方法ですが、

まずは仰向けになって

寝てヒザを揃えた状態で

直角になる程度まで曲げます。

 

この時に用意できるのであれば

ヨガマットなどがあると動きやすいです。

 

 「ぎっくり腰 ヨ...」の画像検索結果

 

膝倒し

曲げたヒザを左右どちらでも構わないので

ゆっくりと倒していきます。

「ぎっくり腰 体...」の画像検索結果

 

 

ほとんどの場合

左右どちらかの方が若干倒しやすいので、

最初は倒しやすい方だけで大丈夫です。

 

ゆっくりヒザの重みを感じるように倒していくと、

スムーズにいかなくなる部分が出てきますので、

そこまで倒したら

その状態を維持したまま

10秒ほど数えて

ふーっと息を吐きながら緩めていきます。

 

これを3回位繰り返し行い、

反対側の倒しにくかった方も行います。

 

最初と比べて

倒しやすくなっていることが多いので、

同様に3回程度繰り返してください。

 

カエル足

やり易い方から動かし、この状態で10秒〜20秒キープします。その後左右交互に数回行ってください。

上体反らし

10秒〜20秒このままキープを数回繰り返す。

その後、さらにできるようであれば腕を伸ばして、上体を反らせる。

 

ぎっくり腰になった急性期に関しては、

この体操を1日複数回

無理のない範囲で行っていくと

痛みが引きやすくなります。

 

   「無理はダメ」の画像検索結果

 

ただし、無理に動かしたり、

痛みを我慢して行ってしまうと

逆効果になることもありますので、

無理のない範囲で行うことを必ず守りましょう。

 

この体操は関節の筋肉をほぐす動きのため、

回復が早くなる効果があるのです。

 

   

ぎっくり腰は

腰の周囲の筋肉が原因で発症することが多いので、

この体操を行うことで痛みが改善しやすくなるのです。

 

ぎっくり腰は癖になりやすい!

 

「ぎっくり腰 繰...」の画像検索結果


ぎっくり腰は

予後は良好な腰痛ですが、

癖になりやすいという特徴があり

年に何回も繰り返してしまうという人も多くいます。

 

そういった方は

先程の運動に加えて

ぎっくり腰を予防する運動も

行っていくことが必要です。

 

運動と言っても

筋トレのようなツライものではなく、

柔軟な筋肉にするためのストレッチなので

気持ちよく続けることが出来ます。

 

具体的な方法ですが、

「ぎっくり腰 体...」の画像検索結果

 

仰向けになって寝て

膝を抱えるように両手で掴み

胸の方に引き寄せていきます。

 

限界まで引き寄せたら

10秒ほどキープして反対も行い、

最後に両足で同様の動きを行なってください。

 

最初の運動と合わせて

縦と横両方の動きが出来るので、

柔軟な筋肉がバランスよく付きます。

 

ぎっくり腰でお困りの方は、 

名古屋市緑区で人気の整体、

けんこう堂整骨院にご相談ください。

腰痛、肩こり施術の一例

2017.09.28 | Category: ぎっくり腰,坐骨神経痛,肩こり,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ,頚椎ヘルニア,頭痛,首の痛み

当院に肩こり首の痛み、腰痛で来られた患者様の施術の一例。

 

なかなか改善しない足の痺れは筋肉が硬いせいかもしれません!

2017.09.20 | Category: 坐骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

その辛い症状は坐骨神経痛のせいかもしれません!

     

       「痛み 坐骨神経...」の画像検索結果

 

「腰から足にかけてしびれや痛みがあって夜も眠れない」

「足の痺れがひどくて歩くことも座ることも辛い」

「病院へ行ってもしびれが治らない」

ここ地元名古屋でも、そういう悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?

 

        「坐骨神経痛」の画像検索結果

 

坐骨神経痛は

お尻から足先までしびれがある、

長い時間立つことが辛い、

足に力が入らないなど様々な症状がみられます。


坐骨神経痛は、

お尻から太ももや膝の裏を通って足まで繋がっている坐骨神経が、

何らかの理由で圧迫され痛みやしびれが起きている症状です。

 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの骨の異常や、

お尻の筋肉である梨状筋が硬くなって

坐骨神経痛を引き起こしていることがありますが、

病院では(異常なし)原因不明のことが多いです。

 

原因は筋肉の硬さ!?

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます
 

しかし、坐骨神経痛の症状のある方には

背筋や臀筋といった「筋肉が硬い」という共通点があります。

 

坐骨神経の周囲には多くの筋肉があり、

その間を坐骨神経が通っています。

 

坐骨神経の周囲の筋肉が緊張し硬くなると

坐骨神経を圧迫して痛みや痺れを引き起こします。


そのため、坐骨神経痛は梨状筋だけでなく、

太ももやふくらはぎなどの

坐骨神経の通り道となる周囲の筋肉を

ほぐして柔らかくすることが必要になります。

 

  「はてな」の画像検索結果 「レントゲン 異...」の画像検索結果 


病院などでレントゲンを撮っても

筋肉の組織までは見ることができないため、

筋肉が硬いということは見過ごされがちです。

 

坐骨神経痛の症状があっても、

椎間板ヘルニアなどの骨の異常がみられない方も多くみえます。

 

前かがみになると痛みがでるなどの動作によって、

症状が強くなったり弱くなったりする方は骨の異常ではなく、

筋肉が硬いことが坐骨神経痛に関係していると考えられます。

 

筋肉の柔軟性を取り戻しましょう!

 

     「整体マッサージ」の画像検索結果

 

筋肉の柔軟性を高めることで

痛みや痺れが改善することが期待されます。


骨を動かしているのは骨の周りにある筋肉です。

その筋肉が硬いと骨の動きも制限されるなど

影響を及ぼします。

 

整体による施術で筋肉の柔軟性が高まれば、

骨も本来の状態になり動きも良くなります。

     

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などと

診断されていた場合は、

骨をどうにかしようと考えてしまいますが、

骨の周りの筋肉を柔らかくすることが

痛みや痺れを改善していくことに繋がります。


坐骨神経痛がなかなか改善しないのは、

原因に対する治療方法や対処方法が間違っている

可能性もあります。

 

いつまでも痛みや痺れなどの辛い症状がある時は

根本的な原因を探り、

治療方法を変えてみる必要があります。

 

日常生活の姿勢も見直しましょう!

 

   「坐骨神経痛 姿...」の画像検索結果


筋肉が硬くなるのは、

姿勢や日常での体の使い方の癖によるものが

大きいものです。

 

坐骨神経痛を改善するには

適切な治療と生活習慣の見直しが大切になります。

 

坐骨神経痛でお悩みの方は、

名古屋市緑区で人気の整体、

けんこう堂整骨院にご相談ください。

お尻が痛いと感じるときにはヘルニアの場合があるので注意

2017.09.07 | Category: ぎっくり腰,坐骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

注意しなければならない腰痛のタイプとは? 

        「腰痛 ヘルニア 痛み 違い」の画像検索結果

 

腰痛というのは腰周辺の筋肉や関節に長く負担が続くことで、

筋肉などに炎症や損傷が起きたり神経を圧迫することで痛む状態です。

 

主な原因は筋肉の凝りなのですが、

その部分を揉み解すマッサージを行っていても中々良くならない

事が多いです。

それは腰の筋肉のコリを作っている原因の部分が改善されていない

事が問題なのです。

 

そして、腰痛の中には注意しなければならないタイプが存在します。

 

それは腰周辺の痛みだけでなく、

臀部から太ももの付け根まで痛みがある場合であり、

主にヘルニアが原因で起こってきます。

 

 

ヘルニアとは?

 

ヘルニアは、背骨の間にある軟骨(椎間板)がつぶれて、

もしくは痛みを伴わない軽い骨折(圧迫骨折)をすることによって、

その軟骨の内部にある柔らかい部分が押し出されて

神経を圧迫することです。

 

「ヘルニア痛み」の画像検索結果

 

脊柱は、上半身が縦横無尽に動けるように

ブロックのような形状の骨が一つずつ重なり、

その間を衝撃吸収材の役目を担う軟骨(椎間板)が埋めています。

 

     「脊柱」の画像検索結果

 

 

脊柱は負担のかかる場所なので

軟骨は再生が早く簡単に磨り減ったり折れる

ということはないです。

 

しかし再生が早いのは10代から30代の若い年代であり、

それを超えると骨の再生力が落ちてしまい

徐々に骨の再生が間に合わなくなります。

 

     「軟骨の生成 年齢」の画像検索結果

 

その状態で上半身に過剰な負担がかかる姿勢を続けると、

背骨から出る脊髄神経を圧迫する状態となり

臀部や太ももの痛みしびれの原因になってしまいます。

 

ヘルニアと腰痛の違い

 

「ヘルニア 痛い イラスト」の画像検索結果

 

ヘルニアと腰痛の違いとして、

腰痛は腰周辺が重くなるような痛みを発症します。

 

それに対して、

ヘルニアは骨が神経を攻撃しているので、

腰から臀部そしてふとももの付け根まで痛むだけでなく、

ひどい痺れもおきるのが特徴です。

 

通常の腰痛はコリからくる炎症が原因なので、

凝りをほぐすマッサージを行えば一時的に緩和されますが、

ヘルニアは神経の圧迫なので、

マッサージをしても症状が治まることはないです。

 

そのためヘルニアの症状に自身が当てはまっているときには、

軟骨の柔らかい部分による神経の圧迫が限界を超える前に、

しっかりと対処する事が大切です。

 

       「整骨院 イラスト」の画像検索結果

 

けんこう堂整骨院では、

症状の状態を見た後に治療方針を決めます。

 

   「運動 イラスト」の画像検索結果

 

ヘルニアの症状がまだ軽い状態で

自身の治癒能力でも対処できるときには、

そのつど筋肉を鍛える運動や

骨の再生を促す食生活の指導などし、

自然治癒を目指します。

  

ヘルニアでお困りの方は、

名古屋市緑区で人気、口コミNo1の整体、

けんこう堂整骨院にご相談ください。

足の痺れは骨盤の歪み?

2017.08.18 | Category: ぎっくり腰,坐骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛

骨盤の歪みの原因

骨盤の位置が左右で違う、両脚の長さが違うなどが理由で、
骨盤矯正を勧められる人も多くいます。

 

しかし、人間の体は左右対称であることは少なく、
骨の位置や手足の長さが違うなどの見た目は、
実は骨でなく筋肉の状態が影響している場合がほとんどです。

 

骨盤矯正の危険性

骨盤矯正を治療院などで受けたいなら、
得意とする専門家から良く説明してもらい必要であれば受けてください。

 

骨盤矯正を受けるにはリスクを伴う状態の人もいます。

 

坐骨神経痛には骨盤矯正が効果的だという人もいますが、
全てが正しい情報とは言えません。

 

主に坐骨神経痛とは臀部に伸びる坐骨神経が周辺の筋肉に
圧迫されて痛みや痺れを起こさせるものです。

このため、症状が出ている人へ施術を行うと、
坐骨神経へ新たな圧迫を起こさせる可能性があり
場合によっては悪化することもあります。

 

正しい骨盤矯正

坐骨神経痛の場合、骨盤が歪んでいる人
が多いのは事実でもあります。

 

なぜ、坐骨神経痛の人が骨盤の歪みを生じさせるのかといえば、
痛みや痺れの症状をかばうからです。

 

生活する上で痛みを軽減するために上半身のバランスを
あえて崩した状態を続けるために骨盤が歪みます。

姿勢が悪い状態は必ずしも良いとは言えませんが、
無意識であっても症状緩和の目的で姿勢を崩して
いる場合に骨盤矯正を施すのは避けた方が無難です。

 

せっかく坐骨神経に負荷を掛けないための姿勢を
保っていたのに、骨盤矯正をして姿勢を無理に矯正すれば
負荷を掛けないでいた部分へ負荷が掛かってしまうと考えられるでしょう。

 

坐骨神経痛の場合、仙骨や頚椎の歪み、坐骨神経を圧迫する筋肉の収縮
やかたさを取り除くと症状の改善につながります。

 

また、骨は筋肉の収縮が起きると引っ張られる状態になり、
歪みやバランスを崩す原因となりますが、
筋肉が緩んでいけば生じた歪みは自然に正しい位置へ戻る場合が多いです。

つまり、坐骨神経痛が改善すれば、骨盤の歪み
そのものも改善していくと言えます。

 

症状が改善してから美容目的など骨盤の歪みをどうしても治したい人は、
骨盤矯正によるリスクは少なくなりますので施術を受けても良いでしょう。

その他の坐骨神経痛

しかし、全ての坐骨神経痛が筋肉の問題とは限りません。

 

中には、食生活の乱れが原因となって、臀部や脚に痺れや
痛みが出ている人もいるのです。

 

このケースでは食べ過ぎ飲みすぎによって、特に胃腸や
肝臓に負担をかけてその疲れが、背筋などを硬直させ、
動かなくさせてしまっているのです。

 

当院では内臓の働きを回復させる施術を行っているので
有効な施術と言えるでしょう。

 

ただし、坐骨神経痛の中でも少数派と言えますので、
施術については信頼できる治療院などでよく相談をして、
納得してから治療をするか決定してください。

 

坐骨神経痛でお悩みの方は
名古屋で唯一、ヘルニア・坐骨神経痛に特化した骨盤矯正をする
けんこう堂整骨院にご相談ください。

腰痛の8割は筋膜の歪み!筋膜リリース・ストレッチで解消

2017.08.03 | Category: ぎっくり腰,坐骨神経痛,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

腰痛の原因は8割が「筋膜の歪み」


腰痛原因の8割が筋膜の歪みであるということはあまり知られていません。

腰痛を抱えてしまう要因として、日々の姿勢の悪さが真っ先に挙げられます。

人間の身体は毎日の悪い習慣が少しずつ積み重ねられることで、不調をきたすことがほとんどです。

例えば寝る時の姿勢がいつも身体の右側を下にした横向きになっていたら、長年かけて右側の顔の皮膚のたるみが生じる結果を及ぼします。

同じ姿勢を続けてはいけない理由

腰痛で言えば、背もたれにもたれかかった座り方や猫背、長時間同じ姿勢をし続けていたりなど、腰に負担のかかる座り方・姿勢を継続することでダメージが蓄積されます。

本来、腰は背骨以外に重い上半身を支える骨がなく、背骨の腰の箇所(腰椎)も少ないため、腹筋など少ない筋肉が腰椎を支えることになります。

こういった毎日の悪い習慣・姿勢のせいで腰椎を支える筋肉、そして筋膜が硬直・萎縮してしまい、腰痛を発生させているのです。

腰痛改善の画期的な方法筋膜リリースとは

腰痛を解消するためには、筋膜ストレッチ法である「筋膜リリース」が有効です。

筋膜リリースは、ご自宅でも行えるのでぜひ器具を揃えてチャレンジしてみてください。

筋膜リリースのためのグッズ・フォームローラーは、5,000~7,000円からありますが、まずは2,000円前後のものでも十分です。(不安な方は一度整骨院に相談すると良いでしょう。)

よくゴルフボールやテニスボール、ソフトボールで代用している方もいらっしゃいますが、柔らかすぎたり固すぎたり、また大きさが合わず、逆に筋膜を傷めたりといったトラブルもあるため、なるべく専用のフォームローラーを使用することをおすすめします。

さて、マッサージに移りましょう。対象は、正しい姿勢・歩き方を維持する筋肉である大腰筋です。

大腰筋は腰を前から支える筋肉でおへその左右両側にある筋肉で、背骨と平行して上下に長い筋肉です。肋骨の真下あたり、その裏側です。

平らな床の上で上の写真のような姿勢をとります。

ローラーを大腰筋(股関節の付け根)に当てて、床との間に挟んでください。

ローラーがあたる箇所を探りながら前後左右に身体を動かして、ほんの少し痛いけど気持ち良いポイントを探しましょう。

ポイントを見つけたら10秒間静止します。そして、反対側も同様に行いましょう。大腰筋は身体の内側にあるため、少し強めに押し付けなければなりませんが、明らかに痛くなるまで強く押し付けすぎるのは腰痛を悪化させる可能性があるので禁物です。

腰痛をほかっておくと大変な事に

腰痛が長年放置されるとヘルニアになってしまします。

ヘルニアは坐骨神経痛という脚やお尻のしびれや痛みを伴うため、生活や仕事に支障が出る場合がおおいです。

放置されると脚がしびれて動けなくなったり、痛みで眠れなくなる事もあり、手術をする事もあります。

そうなる前に是非自宅でも腰痛の改善に取り組んでみてくださいね。

正しい筋膜リリース・筋膜ストレッチをもっと詳しく知りたいという方や、名古屋の腰痛・ヘルニア・足のしびれ治療・接骨院、整骨院をお探しの方は、ぜひけんこう堂整骨院にお越し下さい。

正しい整骨院の選び方。

2016.10.13 | Category: ぎっくり腰,むち打ち,事故治療,坐骨神経痛,後遺症,手のしびれ,肩こり,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,頭痛,首の痛み

015

地域名+整体、例えば名古屋市緑区 整体で検索すると数多くの治療院が出てきます。

 

数多くの治療院が出てきて迷われる方も多いとおもいます。今では接骨院や整体院というのはコンビニの数より多いと言われています。

その中から自分に合った本物の治療院を見つけるのは至難の技ですね。

 

ここで重要視したいのは、ホームページなどで実際に通われた患者様のインタビューや喜びの声を多くもらっているかが一つの大きな判断材料になると思います。

1-b-ysk148

ヤラセや勝手に治療院側が言っているのではなく、実際の患者さんからの声が真実だからです。

 

けんこう堂整骨院では、肩こり・腰痛・交通事故治療の専門院で医師が推薦するソフトな整体で数多くの患者様に喜んでいただいております。

喜びの声はこちら↓

http://kenkoudou-s.com/happiness

 

病院や他の接骨院に行っても治らなかった症状を、当院では改善されたという声を多くいただいています。

それはなぜでしょうか?答えは簡単です。

024

しっかりと原因にアプローチができているからです。

肩が凝るから肩だけ揉む。腰が痛いから骨をボキボキ鳴らす。

 

そんな単純なことでは人間の体は良くなりません。しっかりと全身を検査して原因を見つけそれに対して最小限のアプローチをすることで回復していくものなのです。

 

当院の施術は同業の施術家や医師も認めた、本物の整体です。

nattoku_img02

体の調子が悪かったり、朝起きた時から疲れが溜まっていたり原因が分からない痛み等がある場合、体が歪んでいる事があります。

 

体が歪む原因は日常生活の何気ない行動にあり、姿勢が悪かったり足を組む癖のある人は歪みやすくなります。

 

体が歪んでいると神経や血管で骨と骨の間に出ているものが圧迫されて、周辺の組織の血行が悪くなるので様々な症状が出てしまうのです。

 

けんこう堂整骨院では、骨盤のねじれや歪みをとる骨盤矯正を行う専門的な治療が受けられます。

images

症状の現れ方は患者様によって様々なため、症状に合わせたソフト整体や特殊な電気治療等と骨盤矯正を組み合わせたコースでの治療もおこなっています。

 

再び歪みが発生しないように食事、睡眠、運動アドバイスも行っているので、自宅で参考にしてみて下さい。

 

体の構造上や生活習慣などから長期に渡って施術が必要になる事もあり、1回の施術でよくならない場合のほうが多いです。長年の蓄積で悪くなってしまった体をしっかりと治せる治療院です。

 

インターネット予約限定の特典があり、予約時にホームページを見たと言うと初回の治療料金が5000円が2000円で受ける事が出来ます。

btn_web_reservation

インターネットでの受付は24時間受け付けていて、PCでもスマホでもどちらからでも可能です。

 

内容は、カウンセリングと検査と施術、自宅での運動アドバイスになります。

あなたのその辛さをぜひ一度ご相談ください。

24時間ネット予約はこちら

当院へのアクセス

けんこう堂整骨院

所在地〒458-0021 愛知県名古屋市緑区滝ノ水3丁目301番地ハローフーズ滝ノ水店 1階
電話番号052-892-0180
駐車場スーパー駐車場300台有
予約電話でのご予約をお受けしております。
休診日年中無休
※12月31日~1月3日休診、臨時休診あり 予め、お問い合わせください。
院長城 健彦