ヘルニア手術したけど痛みがとれない!そんなときは? | 名古屋市緑区・豊明市・日進市・東郷町 けんこう堂整骨院

Blog記事一覧 > 坐骨神経痛,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ > ヘルニア手術したけど痛みがとれない!そんなときは?

ヘルニア手術したけど痛みがとれない!そんなときは?

2017.11.10 | Category: 坐骨神経痛,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

  「ヘルニア 治らない 手術」の画像検索結果

 

ヘルニアの手術を行っても痛みが改善しない理由は

痛みの原因が手術で取り除けていない場合が考えられます。

 

ヘルニアの手術で痛みが取り除ける場合は

ヘルニアの痛みの原因が神経圧迫である場合です。

 

神経圧迫のみがヘルニアの痛みの原因であるのなら

手術で痛みが完全に取り除けます。

 

神経圧迫以外の理由で痛みがある場合は

手術を行っても痛みの改善は望めません。

 

神経圧迫以外の痛みの原因としては

筋肉が原因だった可能性が考えられます。

 

これは筋肉が固まってしまうことによって痛みが発生します。

 

筋肉の神経圧迫の痛みかたとは?

 

次の3つのような痛みかたをする場合は

筋肉が原因である可能性が高いと考えてください。

 

1つ目は

動くことによって痛みが伴う場合です。

 

筋肉が原因の痛みは固まってしまった筋肉を

無理に動かすことで生じます。

 

立ち上がろうとしたときに腰が痛んだり、

歩いている最中に徐々に痛みが強くなったりする

ようであれば筋肉が原因の可能性が高いです。

 

2つ目は

痛みの強さが日によって変わる場合です。

 

神経圧迫が原因で痛みが生じているのであれば

圧迫されている間は常に痛むため

日によって痛みが軽くなったり

強くなったりすることはありません。

 

体の調子が良い時は痛みをあまり感じず、

調子が悪い時はひどく痛むなどの症状の時は

筋肉が原因かもしれません。

 

3つ目は

痛いと感じる場所が変化する場合です。

 

複数の筋肉が固まってしまっている場合は

日によって痛む場所が変わるなどの症状があらわれます。

 

筋肉以外の原因として考えられるのは

仙腸関節の機能障害です。

 

   「仙腸関節」の画像検索結果

 

仙腸関節とは骨盤にある関節の一つであり

靭帯によって固定されており

ほとんど動かない関節のことをいいます。

 

仙腸関節は骨盤自体を支える土台であり、

足腰を動かす基軸の役割を担っています。

 

そのため骨盤がゆがむと

上半身すべての骨に影響を与えます。

 

仙腸関節に異常が生じ役割を果たさなくなると

腰椎のみで上半身を支えていかなくてはならなくなり

腰痛が起こりやすくなります。

 

「仙腸関節のずれ」の画像検索結果

 

仙腸関節は

基本的には腰に負担をかける要因や

生活習慣が原因で機能障害を起こすことが多いです。

 

日ごろから感じる軽い痛みをごまかしながら

生活を行っていくと無理な力が別の部分に生じ

仙腸関節のずれにつながっていきます。

 

「仙腸関節 ストレッチ」の画像検索結果

 

けんこう堂整骨院では

ヘルニアの手術をしても

痛みが取れなかった人の痛みの原因を突き止め、

その人の症状に合わせた治療を行っています。

 

手術を行っても痛みが改善していない人は

別の要因の可能性も高いため一度相談してみてください。

 

ヘルニアや腰の痛みでお悩みの方は、

名古屋市緑区で人気の整骨院、

けんこう堂整骨院にご相談ください。

24時間ネット予約はこちら

当院へのアクセス

けんこう堂整骨院

所在地〒458-0021 愛知県名古屋市緑区滝ノ水3丁目301番地ハローフーズ滝ノ水店 1階
電話番号052-892-0180
駐車場スーパー駐車場300台有
予約電話でのご予約をお受けしております。
休診日年中無休
※12月31日~1月3日休診、臨時休診あり 予め、お問い合わせください。
院長城 健彦