お尻が痛いと感じるときにはヘルニアの場合があるので注意 | 名古屋市緑区・豊明市・日進市・東郷町 けんこう堂整骨院

お尻が痛いと感じるときにはヘルニアの場合があるので注意

2017.09.07 | Category: ぎっくり腰,坐骨神経痛,脊柱管狭窄症,腰椎すべり症,腰椎分離症,腰椎椎間板ヘルニア,腰痛,足のしびれ

注意しなければならない腰痛のタイプとは? 

        「腰痛 ヘルニア 痛み 違い」の画像検索結果

 

腰痛というのは腰周辺の筋肉や関節に長く負担が続くことで、

筋肉などに炎症や損傷が起きたり神経を圧迫することで痛む状態です。

 

主な原因は筋肉の凝りなのですが、

その部分を揉み解すマッサージを行っていても中々良くならない

事が多いです。

それは腰の筋肉のコリを作っている原因の部分が改善されていない

事が問題なのです。

 

そして、腰痛の中には注意しなければならないタイプが存在します。

 

それは腰周辺の痛みだけでなく、

臀部から太ももの付け根まで痛みがある場合であり、

主にヘルニアが原因で起こってきます。

 

 

ヘルニアとは?

 

ヘルニアは、背骨の間にある軟骨(椎間板)がつぶれて、

もしくは痛みを伴わない軽い骨折(圧迫骨折)をすることによって、

その軟骨の内部にある柔らかい部分が押し出されて

神経を圧迫することです。

 

「ヘルニア痛み」の画像検索結果

 

脊柱は、上半身が縦横無尽に動けるように

ブロックのような形状の骨が一つずつ重なり、

その間を衝撃吸収材の役目を担う軟骨(椎間板)が埋めています。

 

     「脊柱」の画像検索結果

 

 

脊柱は負担のかかる場所なので

軟骨は再生が早く簡単に磨り減ったり折れる

ということはないです。

 

しかし再生が早いのは10代から30代の若い年代であり、

それを超えると骨の再生力が落ちてしまい

徐々に骨の再生が間に合わなくなります。

 

     「軟骨の生成 年齢」の画像検索結果

 

その状態で上半身に過剰な負担がかかる姿勢を続けると、

背骨から出る脊髄神経を圧迫する状態となり

臀部や太ももの痛みしびれの原因になってしまいます。

 

ヘルニアと腰痛の違い

 

「ヘルニア 痛い イラスト」の画像検索結果

 

ヘルニアと腰痛の違いとして、

腰痛は腰周辺が重くなるような痛みを発症します。

 

それに対して、

ヘルニアは骨が神経を攻撃しているので、

腰から臀部そしてふとももの付け根まで痛むだけでなく、

ひどい痺れもおきるのが特徴です。

 

通常の腰痛はコリからくる炎症が原因なので、

凝りをほぐすマッサージを行えば一時的に緩和されますが、

ヘルニアは神経の圧迫なので、

マッサージをしても症状が治まることはないです。

 

そのためヘルニアの症状に自身が当てはまっているときには、

軟骨の柔らかい部分による神経の圧迫が限界を超える前に、

しっかりと対処する事が大切です。

 

       「整骨院 イラスト」の画像検索結果

 

けんこう堂整骨院では、

症状の状態を見た後に治療方針を決めます。

 

   「運動 イラスト」の画像検索結果

 

ヘルニアの症状がまだ軽い状態で

自身の治癒能力でも対処できるときには、

そのつど筋肉を鍛える運動や

骨の再生を促す食生活の指導などし、

自然治癒を目指します。

  

ヘルニアでお困りの方は、

名古屋市緑区で人気、口コミNo1の整体、

けんこう堂整骨院にご相談ください。

24時間ネット予約はこちら

当院へのアクセス

けんこう堂整骨院

所在地〒458-0021 愛知県名古屋市緑区滝ノ水3丁目301番地ハローフーズ滝ノ水店 1階
電話番号052-892-0180
駐車場スーパー駐車場300台有
予約電話でのご予約をお受けしております。
休診日年中無休
※12月31日~1月3日休診、臨時休診あり 予め、お問い合わせください。
院長城 健彦