変形性膝関節症 | 名古屋市緑区・豊明市・日進市・東郷町 けんこう堂整骨院

 

手術はしたくないが歩くのも辛い・・・
そんなヒドイ膝の痛みでお悩みのあなたへ

 

 

けんこう堂整骨院が多くの患者様にご満足いただける理由

 


 

 


 

 



「個人の感想です。効果効能を保証するものではございません」

 

院長の城は全国580名以上のプロの治療家が学ぶ整体法の技術講師をしております。

 

佐橋 のコピー石川優子さん のコピー平岡 あすか のコピー07 大石裕子 のコピー09峰松均 のコピー11鈴木久美子 のコピー瀧田 のコピー01 宇田ふう のコピー

 

 

病院で注射を打っているが一向に良くならない。
サポーターや杖がないと出かけられない。
毎日痛み止めや湿布、ぬり薬をつかっている。
膝の痛みで出かける気が起こらない。
階段がこわい。
孫と遊んだり、旅行や趣味を続けたいが膝の痛みが不安。
手術を勧められたが、手術はしたくない。

 

患者様の声

「手術しかないと言われた膝が改善」

「身体全体がこわばり、歩くことも立つことすらもままならず、苦しい日常生活でした。

整形外科では手術以外方法はないと言われていました。」

「最初の治療で身体が軽くなり、少しずつできることが増えて、行動的になりつつあります。」

「その日の状態に合わせ、良い方法を見つけてくれるので、前向きになれます。たくさん行きましたが、やっと出会えた、私に合う場所だと思います。

「膝の痛みで歩くのに苦労している方に。」

名古屋市 寺尾法子 様 主婦 女性  

※あくまで個人差があります。効果効能を保障するものではございません。

 

患者様インタビュー1 腰足の痛み

※あくまで個人差があります。効果効能を保障するものではございません。

 

※あくまで個人差があります。効果効能を保障するものではございません。

 

変形性膝関節症とは

 

症状

男女比は1:4で女性に多くみられ、高齢者になるほど多くなります。
主な症状は膝の痛みで立ち座りや階段、歩行などで痛むことと水がたまることです。
初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれますが、正座や階段の昇降が困難となり(中期)、末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がまっすぐ伸びず歩行が困難になります。

 

原因と病態

原因は関節軟骨の老化によることが多く、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節が変形します。最終的には軟骨がなくなり骨同士がぶつかるため激痛を伴います。

肥満や遺伝も関与しています。また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。

 

整形外科での診断

レントゲン見た時に膝の内側が狭くなっている事が多く、軟骨が減っていると判断された場合、変形性膝関節症と診断される。

見た目でO脚変形になっている事も診断基準となる。

 

軟骨はすり減っても痛みを感じない。

膝の関節軟骨は神経が通っておらず、すり減ったとしても痛みを感じません。痛みを感じる原因は擦れて剥がれた関節軟骨が関節の中を浮遊し、関節の内側の膜(滑膜)にぶつかり炎症を起こします。

炎症を繰り返す事で、膝の水が増え関節が腫れます。炎症を繰り返すうちに関節を動かさなくなり、さらに膝周りの筋肉や靭帯、関節包が固まってしまいます。

そのまま、生活を続けていけば、悪化し軟骨が完全になくなり、手術の対象になってしまいます。

早期に発見し、保存的治療をすすめて進めていく事が肝心。

 

変形性膝関節症 手術

■関節鏡視下手術(内視鏡)

関節内ですり切れた半月板や軟骨のささくれなどを取り除いたり、増殖した滑膜を除去したりする手術で、関節内の清掃をする手術です。

膝の場合、関節鏡を用いた小さな傷で手術でき、変形性関節症の初期には効果の高い手術です。

・傷んだ軟骨を切り取る
・膝関節の内部にはがれ落ちた組織の破片を取り除く
・膝関節の内部に液体を流して洗浄する
・傷ついた関節軟骨を移植片で修復する
・裂けた半月板(軟骨)を除去または修復したり、傷ついた靱帯を再建したりする

ただし、軟骨が再生するわけではないので変形を遅らせることが主な目的で行われます。


■骨切り術

変形性膝関節症によって、主に内反変形(O脚)を起こします。

膝関節の近くで脛骨を切って向きをかえることで、変形を矯正して痛みを取り除きます。骨を切った後は、数日間器具を付けてO脚を矯正します。


「高位脛骨骨切り術(HTO; High Tibial Osteotomy)」では、脛骨の高い位置(体に近いほう)を斜めに切ってつなげ直すことで、本来のまっすぐな骨に戻します。

骨切り方法は他にも、「脛骨顆外反骨切り術」など様々あり、どの骨切り術でも自分の骨を温存できることが特徴です。

切った骨の部分が 癒合(ゆごう)するまでに時間がかかるため、入院期間が長く、痛みが取れるのに数カ月かかりますが、膝がスムーズに曲がるようになり、動きに制限がありません。そのため、肉体労働やスポーツを希望される場合にも対応できます。40~50代程度の年齢が若い方に行うことが多いです。

※現在では人工骨を使った手術をしているところもあり、翌日から歩くことも可能になってきています。

 

■人工膝関節置換術
TKA / TKR ; Total Knee Arthroplasty / Replacement

変形性膝関節症によって変形した関節を人工の関節(人工関節)に置き換える手術です。 痛みの原因になる部位を手術で取り除くため疼痛の改善に大きな効果があります。変形性膝関節症の発生原因は、加齢だけでなく肥満や骨粗鬆症など、生活習慣病も複合的に関係しているとされています。 肥満は関節への負担を増し、症状を悪化させるおそれがあります。

 

■人工膝関節置換術が必要になる目安
痛みを和らげ通常の活動を取り戻すための手段として、人工膝関節置換術の検討が必要になります。特に、膝関節の痛みが強すぎるあまり、やりたいことや日常生活が困難になっているのであれば、手術を検討する時期といえるでしょう。

人工膝関節置換術を検討すべき目安としては、以下のようなものがあげられます。


・思いどおりに動けなくなった、歩けなくなった
・薬や杖を使用するだけでは痛みを十分に和らげることができない
・痛みのためによく眠れない
・歩いたり階段を上ったりするのが困難になった。

 

※人工関節ドットコム参照

 
当院に来られる変形性膝関節症の患者様の多くは手術をしたくないが、運動やサポーター、ヒアルロン酸注射をしても「すぐに痛みがぶりかえす」「なかなか改善されない」ばかりか悪化する方ばかりでした。

 

 なぜ、何をしても良くならなかった変形性膝関節症の症状がけんこう堂整骨院で改善するのか?

 

それは骨盤や内臓、筋肉全ての歪みを元に戻すことで、根本的から身体の歪みを改善し、本来の自然な状態に戻すからです。

 

当院独自の検査により本当の原因を明らかに。

 

 

内臓疲労

お腹や腰周りに触れる事で内臓の状態(自律神経の状態)を把握します。
内臓はあなたが起きている時も寝ている時も常に身体の健康を保つ為に働き続けています。消化や吸収、血液循環、血液の解毒、ウィルスとの戦いなど。

その大事な内臓が生活習慣の乱れによってオーバーヒートを起こしてしまっているのです。そして、内臓の疲労は身体の表に筋肉のこわばりとして現れます。

 

循環不全

 

骨盤の状態をチェックして体液の循環を確認します。

骨盤が歪むと脳脊髄液(脳を栄養している体液)の循環不全や内臓の下垂、身体のねじれが生じ血管も捻れ、血液の流れが悪くなります。

また、骨盤は家で言えば土台、基礎の部分となる為、土台が歪めば、その上に乗っている背骨や頭の歪みが起きてきます。骨盤の歪みは全身の緊張・血流不全が生まれる原因となるのです。

 

筋肉や関節が固まる

全身の筋肉や関節の状態をチェックして特に動きの悪い部分を見つけていきます。

関節の動きを細かくチェック。膝の骨の動きはもちろん、関係ないと思われがちですが全身の動きも症状に影響しますので必ずチェックします。

その方によって仕事や生活習慣は千差万別、一人として全く同じ歪みを持った方はいません。個人個人の状態を細かく把握し、オリジナルの施術を行っていきます。

 

 

 

この内臓疲労→循環不全→筋肉や関節の固まりによって全身が歪み、膝が動かなくなってくるのが変形性膝関節症の発生メカニズムなのです。

 

けんこう堂整骨院ではこれら全てにアプローチをして根本的にあなたの症状を改善させる整体法を行っています。

 

あなたの膝の痛みを根本改善する地域で唯一内蔵筋膜整体とは?

その水分(血液、リンパ液)が循環するこ とで人間が生きているわけですが、体が歪んでしまっていた場合はどうなると思いますか?

歪んでしまった体はその水分の循環を妨げてしまいスムーズな循環ができなくなってしまいます。

その結果、循環が悪くなった部分に疲労物質が溜まり、筋肉のコリ関節の歪みが起きてしまっているのです。

当院ではその根元の原因になっている体液循環の流れを整える事から始めます。

 

身体の歪みを根本的に改善する
「3通りのアプローチ法」

 

 

 


image_8081_400_0

 


auto_xuqqNJ

初めての方へ

初診の流れ〜

 

 

 


特に運動痛、安静時痛を伴うような重い症状は1〜2回で治る事は稀です。治療計画を立てながらしっかりと良くなるまで責任を持って施術にあたらせて頂きます。

 

 

ストレッチ体操、有効な運動療法をマンツーマンでしっかりと指導します。

 


 

 

 


当院に来られた患者様には「もっと早くここに来ればよかった↑」とおっしゃっています。

軽い膝の痛みだからと言って、そのままほかっておくと

次第に痛みや痺れがひどくなり、日常生活にも支障が出てきます。

早く治療を開始することが早期改善に繋がります。

     

 



当院の整体は膝の痛みはもちろんの事、あらゆる症状に対応しています。

 




院長の城は全国580名以上のプロの治療家が学ぶ整体法の技術講師をしております。

 




よく病院や接骨院で話を聞いてもらえなかった。ちゃんとした説明がなかったなどの話を聞きます。

当院ではそんなことはありません。

 


 


 


こんにちは。
けんこう堂整骨院の城 健彦(タチ タケヒコ)です。


私たちは今まで、2万人以上の施術をして、症状の改善をしてきました。
皆さん病院に行ったり、我流の運動をしてみたりテレビで言っていたこと、いろいろ試されていました。
それでも、なかなか良くならず悩んでいた方がほとんどでした。

膝が痛いから、膝周りをマッサージする。

痛いところに電気で施術する。

痛み止め、注射、薬やシップで一時的に痛みをとめる。

これでは根本的にあなたの体はよくなりません!

例えば、

姿勢のゆがみを整えたら症状の改善された。

骨盤のゆがみを整えたら、膝の痛みが和らいだ。

足首のゆがみを整えることで、膝の痛みが改善された。

など、喜びの声は数え切れません。
本来持っている体の機能を取り戻すことにより、あらゆる体の症状改善が見込めます。

 

愛YOUカイロプラクティック院
友田 義大(ともだ よしひろ)先生

 

ともだよしのり先生

パーフェクト整体「認定講師」
        四国支部長

疲労回復協会 四国支部長

 
 
 
 

 
 

 
「個人の感想です。効果効能を保証するものではございません」
 


 
 
 
 
 
 
 
「個人の感想です。効果効能を保証するものではございません」

 

安静にしても、一時的に良くなったがまた再発したという事をよく耳にします。

普段からの生活習慣や体の使い方、遺伝的な骨格は中々変えられるものではありません。

また月日をかけて疲労や冷え、急な気候の変化、急な運動などがで身体が歪み、身体に負担をかけた結果、症状が出てきてしまいます。

もともと、慢性的な膝関節症持ちの方でも痛くないときがあったはずです。

たまたま病気などと同じように、一時的な悪さをすることがあるだけで、日頃から歪みを作らない生活や筋肉の柔軟性をつける事をしていれば、手術をする必要はないのです。


次はあなたの番です。

 

 

 

関連記事

24時間ネット予約はこちら

当院へのアクセス

けんこう堂整骨院

所在地〒458-0021 愛知県名古屋市緑区滝ノ水3丁目301番地ハローフーズ滝ノ水店 1階
電話番号052-892-0180
駐車場スーパー駐車場300台有
予約電話でのご予約をお受けしております。
休診日年中無休
※12月31日~1月3日休診、臨時休診あり 予め、お問い合わせください。
院長城 健彦